homeHOME > Product > OLED 市場

OLED 市場

OLED に関しては、その産業・商業的成功を受け、肯定的な見解が今まで以上に多くなって来ています。

これは、中小型分野、特にスマートフォンで大成功を収めたサムスンモバイルディスプレイの功績によるものですが、OLEDは2009年頃から、既に学界での領域を越え、その中心軸が産業界へ移動、もはや後戻り出来ない程の高成長を続けると予測されています。

今や、OLEDは、TVは勿論、照明分野でも新時代を開くと確信されており、市場での期待はより一層高まっています。技術の進歩と爆発的な市場の拡大に伴い、市場での成功の技術的前提条件が、価格競争力という名の経済的因子に集約される傾向すら見え隠れしています。OLED製品の持つパフォーマンス上の利点にもかかわらず、市場での成功を見据えた場合、LCD-TVや既存照明製品との価格競争に巻き込まれる運命にあり、当然乗り越えなければならない事象となります。

OLED 製品の市場が将来どのように展開されるかについては、様々な予測があります。技術的な側面だけを見ても数年内に、溶液プロセスとLITI (Laser Induced Thermal Imaging) 技術が真空蒸着プロセスに続いて採用されるものと見込まれています。特に溶液プロセスは、インクジェットやノズルプリンティングなどで具現化され、価格競争力の面と大画面化への潜在的な対応力が非常に高いと評価され、量産のための技術的課題も、近い将来に解決されることが期待されています。

この様に、OLED市場は、今後数年内に様々な技術が共存する混在移行時代に突入すると予測されています。図*は、今後起きると思われる重要な変化の指数を予測した事例です。